Ichiban編集部 Publish media design business

Ichiban編集部

出版事業(外国人向け多言語情報誌Ichiban KOBE制作)

外国人観光客は年々増えているものの、街場の受け入れ態勢が整っていないというのが問題になっており、また本当に地元の良さを分かってもらえるような案内自体が少ないというのが現状でした。

そこで弊社では、地元である神戸の魅力を世界に発信すべく、Ichiban KOBE編集部を立ち上げ、Ichiban KOBEというフリーペーパー(英語・中国語簡体字)を出版いたしました。Ichiban KOBEは神戸で民間企業が発行する唯一のフリーペーパーで、累計発行部数20万部以上。神戸、姫路、大阪エリアの主要な観光案内所、ホテル、観光スポットなど全350箇所に設置させていただいています。

世界的に有名な「神戸ビーフ」「日本酒」「姫路城」などの有名どころはもちろんのこと、地元の人しか知らないようなディープな観光情報やグルメ情報も掲載しております。スタッフ総出で南京町、北野を始め各観光スポットにて外国人観光客様への道案内、オススメスポットのご説明などの活動も行っています。


また、神戸市様を始め、自治体様との共同プロジェクト、コラボレーション記事の作成など、神戸全体の活性化のために官民一体になって活動をしています。


2016年5月に第1号を発行し、2018年10月末に第5号が発行予定です。 2017年には、日本タウン誌・フリーペーパー大賞、読者部門賞で第5位(インバウンド・外国語誌では1位)を獲得しました。


メディア事業(多言語ポータルサイト運営)

またフリーペーパーと連動してWEBサイトも運営しており、WEBサイトの方では英語・中国語簡体字に加えて、中国語繁体字、韓国語、日本語でも情報を発信しております。 そして、Ichiban KOBEで培ったノウハウを活かし、2018年にはIchiban OSAKAという大阪の観光・グルメ情報サイトも立ち上げました。地元の魅力を世界に発信することをミッションに、日々アンテナを巡らせ情報収集しています。こちらももちろん日本語も対応しておりますので、日本人の方にも楽しんでいただけるポータルサイトとなっております。



また、2016年10月~2017年12月までは、Kiss FMの朝の情報番組「4 Seasons」内でIchiban KOBE Informationというコーナーで編集長が神戸を代表するDJ中野 耕史さんと共に、海外の方、全国から観光に来られるに日本人、更には地元の皆様に向け、神戸の魅力やお得情報を発信してきました。


デザイン制作事業(多言語ホームページ制作、管理、メニュー・チラシ等、多言語販促物制作)

ホームページ制作

多言語でのホームページを制作、運営しているという強みを活かして、社内以外でも、多様な業種のクライアント様のホームページ制作を行っています。
またその後のフォローアップとして、更新などの管理業務も承っております。


デザイン制作

弊社にはグラフィックデザイナー・WEBデザイナーが在籍しています。 Ichiban KOBE (雑誌・WEB)をはじめ、経営する飲食店のメニューやポスターなどの販促物についてもデザインチームが全般的に請け負っています。
また、インバウンド事業・飲食事業に精通している弊社の強みを活かして、外部のクライアント様からも多数ご依頼を承っております。
例えば外国人観光客を呼び込みたいクライアントの場合、日本と海外とでは好まれるメニューのデザインや配置も異なるので、ターゲット層にリーチする最適な多言語メニューデザインをご要望に応じて作成しています。


多言語翻訳業務

上記の出版、メディア事業に必要な翻訳は、すべて社内で行っております。
弊社の翻訳チームには日本語・翻訳対象言語共に堪能なクロスチェッカーとネイティブチェッカーが両方在籍し、質の高い翻訳をご提供しています。
例えば日英翻訳の場合、ネイティブチェックのみだと英語の言い回しは自然になるものの、元の日本語の意味がきちんと反映されていないという問題が起こり得ます。そこで圧倒的な英語力・海外経験・実務経験を有する日本語ネイティブがクロスチェックを施すことで、2言語間での意味の隔たりがなくなり、自然かつ日本語の本来のニュアンスをしっかりと反映した翻訳を提供することができます。
大手企業様、自治体様を始め、飲食店、物販店、ホテル、メディア媒体等様々な方面から数多くの依頼を頂戴しております。