海外事業 / Inbound事業 Overseas Project

海外事業

世界には55,000 店舗の日本食料理店があるといわれています。

しかしながら、世界中の方々に本当の日本食、本来の日本食文化をお伝えすることが
出来ていないという現実も中には多く存在しています。
日本の食材を使い、本当の和食の技術を使った日本食を、様々な国の方々にご提供し、
正しい日本食文化を知って頂くことが私たちの目標です。

弊社海外事業部では、3大コンセプトの1つ、
「日本食文化を世界の人達に正しく知っていただく」の体現に向けて、
単なる海外事業とは一線を画した事業にするべく4つのキーワードを軸にしております。

img

img

社内グローバル化プログラム

和⾷研究会、世界情勢や海外の和⾷事情に関する講習、語学の研修など通じて、
社員全員にしっかりとグローバルな知識、 調理技術、接客能⼒を身に付けて頂くプログラムです。
海外に居られる方々、そして日本に来られる外国⼈の方々に、日本⾷文化を正しく知って頂き、
和⾷の素晴らしさを世界中の⼈達にお伝えすることも、私たちの理念の1つです。

外国人講師研修の様子1外国人講師研修の様子1
外国人講師研修の様子2外国人講師研修の様子2
外国人講師研修の様子2外国人講師研修の様子3

新卒社員研修プログラム

今後のKaya Groupの未来を担う新卒社員の皆様には、
専門のプログラムを導⼊し、サービス業、飲⾷業の基礎をOFF JTとOJTを通じてしっかりと学んでいただきます。
更に、グローバルに活躍して頂く事を念頭に、語学研修、グローバル研修などを1年間に渡りじっくりと受けて頂きます。

コンサルタントによる研修の様子経営コンサルタントによる研修の様子
語学研修の様子語学研修の様子

Inbound事業

2014年は訪⽇外国人観光客が過去最⾼の1000万人を突破。
2020年までに2000万人を⽬指す政策も進められる中、
私たちは和食に携わるものとして、本当の⽇本の良さ、和⾷の美味しさを知って頂く為、
社内で様々取り組みをしております。

1:外国語での接客(社内グローバル化プログラム導⼊)
2:元海外在住者で日本⾷に精通した弊社スタッフが作成した、外国⼈に伝わりやすい外国語版メニュー、外国語ホームページの導入
3:海外の日本料理店での勤務経験がある外国⼈とのメニューミーティング
4:正⽊先⽣を交えた外国⼈により親しみやすい和食の開発


外国語版メニュー

メニューミーティング

外国語ホームページ

外国⼈により親しみやすい和食開発

Outbound事業

プロジェクトフローチャート

現在、精力的に海外現地視察を行っております。

海外経験の豊富なメンバーと和食のプロフェッショナル達で進めている本事業、
今後は、新規で入社される若い方々にも、
入社後の努力次第で積極的にグローバルな活躍の場を提供していく予定です。

プロジェクトフローチャート

  • 海外視察風景

総合職の求人はこちら!